アメリカ語学留学超短期間でF1ビザ取得

大学2年の息子が急に夏休みにアメリカに語学留学をしてみたいと言い出したのが6月中旬、既に大学の運営している海外研修の申し込みは終了、留学ジャーナル等幾つかの留学斡旋サイト経由で本人が問い合わせしましたが、さすがに夏休みには間に合いませんということで全滅でした。
基本的に1ヶ月弱でのF1ビザ取得がネックで間に合うかどうか非常に微妙と言う事でした。
F1ビザとは最も一般的な学生ビザで、米国内の認定大学、私立高等学校、認可された英語プログラムなどで教育を受けることを希望する場合は、F1 ビザが必要です。週18時間以上の授業を受ける場合も F1 ビザが必要です。
F1ビザ取得期間で検索するとさまざまな情報が出てきますが、兎に角米国大使館のアポを取って面接を受ければ1週間程度でVisa取得が可能そうだと言う事がわかりました。

米国大使館のアポを取るためには何が必要か?

  • オンライン申請書DS-160フォーム。 DS-160についての詳細情報は、 DS-160 ウェブページ を参照してください。
  • 米国での滞在予定期間に加えて6か月以上の残存有効期間があるパスポート
  • 米国の学校またはプログラムから発行されたI-20。
  • SEVIS費用を支払済であることを示すI-901 SEVIS費確認書を提出しなければなりません。

と言う事で、急いで学校を決めて6月28日に学校のサイトから4-Week Conversation & Culture classの直接申し込みをしました。
学校の初日が7/31なので、30日には寮に到着する必要があり、日本を7/29に出るのでまさに1ヶ月で全て終わらないといけない事に。

6/30 : 学校から返事が来るも、通常I-20発行には1-2週間必要との事。速攻で急いでいる旨を伝えて、加速してもらえるように依頼。

7/1 : 学校からFinancial Statement / Official Bank Statementnの提出がされないとI-20発行できませんとの連絡が。

7/2 : 郵便局で残高証明を発行してもらいに。郵便局では510円で英文残高証明書を発行してくれます。
その日のうちに学校へ証明書をスキャンして送付。

7/3 : 学校より入学許可書、I-20(SEVIS ID含む)がメールで先に送られてきたので、それを持って、オンラインでのF1 Visa申請を完了し、米国大使館のアポを7/10に取りました。
7/10以前でも取れたのですが、学校から未だ書類の原本が届いていませんでしたので、少し余裕をみて日程を決めました。

大使館の面接日程が決まったら面接時に持って行く必要のある書類一式を準備する必要がありますが、これがまたサイトによって書いてある事が違う。
今回息子は下記を準備して行きました。

  1. パスポート: 現在有効なパスポートのみ(期限の切れた過去の物は持って行きませんでした)
  2. DS-160確認ページ: 申請者の氏名、国籍、パスポート番号、写真などの身分事項の情報が記載された確認ページ。
  3. 証明カラー写真
  4. 面接予約確認書
  5. I-20 最近フォーマットが変わったようで、オンラインで見た書類とはだいぶ違いました。(後の米国入国時にも入国審査でこれは違うと疑われたそうです)
  6. I-901 SEVIS費確認書
  7. 財政証明
  8. 戸籍謄本
  9. 成績証明書(英文)過去3年分
  10. 留学先の学校から送られてきた書類一式(入学許可書等)

面接はあっという間で、本人は相当緊張していたのに、肩すかしという感じだったようです。
Visaも面接で発行される事が確認出来、面接から4日後に無事パスポートと共に郵送されてきました。

と言う事で学校に申し込みを6/28に実施し、手元にパスポートが戻ったのが7/15、合計18日でF1ビザが手元に届きました。
相当な手間が掛かりましたが、夏休みの忙しい時期でもF1ビザは18日で取れる場合があると言う事です。
何事も早めが良いですが、時間が無いからと言って諦めないでも何とかなるかも知れません。



カテゴリー: 海外, 留学, 英語 タグ: , パーマリンク