App Storeが400億ダウンロードを達成

1/7 App Store Tops 40 Billion Downloads with Almost Half in 2012と言う見出しでプレスリリースがアップルから出ました。
累計400億のアプリがダウンロードされて、そのうち約半分は2012年にダウンロードされたと言う事みたいです。

7998c8f5838d65d0b1800c0dabef5a3f

App Storeでは5億以上のアクティブアカウントを持っており、12月には20億以上のダウンロードがされたそうです。 Appleの開発者コミュニティは、ユーザーが世界中でiPhone、iPadおよびiPod touch用の775,000以上のアプリを作成しており、開発者には、7億ドル以上が支払われているそうです。

確かに日本でも電車の中ではiPhoneを持っている人が沢山いますし、高校生や中学生位でも持っているのも良く見かけます。そうした若い世代が特に沢山アプリをダウンロードしているんでしょうね。

ところで、775,000アプリで7億ドルと言う事は全てに分配すると1アプリ903ドルですから、アプリの売り上げと言う意味では商売になっていない人がほとんどだと思われます。
もちろんアプリ外課金や広告収入等も有ると思いますが、どこでどうやって稼ぐかは良く考えないと、アップルだけ儲かる構図はなかなか変わりそうに有りません。

[wp_ad_camp_1]

カテゴリー: Apple, アプリ タグ: パーマリンク